シーズン16使用構築

f:id:spindelbaum:20151118161017g:plainf:id:spindelbaum:20151118161021g:plainf:id:spindelbaum:20151118161222g:plainf:id:spindelbaum:20151118161357g:plainf:id:spindelbaum:20160630082115g:plainf:id:spindelbaum:20151118161511g:plain

キノガッサ入りの対面構築。前シーズンまでは厨パ(ボルトガブガルゲンバシャスイクン)の並びをそのまま使うことが多かったが、バシャーモの選出率が極端に低くなってしまったため使い慣れた並びを崩すことになった。

 

【個別解説】

ガルーラ@ガルーラナイト 意地っ張り

197(132)-192(236)-135(116)-×-121(4)-123(20) 

秘密の力/炎のパンチ/不意討ち/グロウパンチ

高い対面性能と崩し性能を持つグロ秘密不意ガルーラ。秘密不意で耐久無振りガブリアスを倒したり、グロ秘密でゴツメ持ちを強引に突破したり出来る。バシャーモキノガッサに変えたことでハッサムナットレイが重くなってしまったためサブウェポンは炎のパンチ。場合によってはガルガル対面でグロウパンチを撃つため、猫騙しのダメージを見た相手がドレパン警戒で交代してくれることにも期待しBに厚い調整で使用した。これによりA192メガガルーラの秘密2発や珠ゲッコウガのけたぐり、鉢巻ガブの逆鱗+鮫肌ダメ1回をほぼ耐える。Sは最近多い意地ガッサ抜き。

 

ガブリアス@拘りスカーフ 意地っ張り

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/ダブルチョップ

ガルーラが物理受けを崩した後のエースとして強力なスカーフガブリアス。ガルーラで処理しきれない高速アタッカーを止める役割も持つ。技スぺが余るのでカムラボルトや毒ボルトなど身代わりボルト対策としてダブルチョップを採用。ボルトロスを見たら大抵選出していた。

 

ボルトロスゴツゴツメット 臆病

183(232)-x-90(8)-147(12)-101(4)-179(252) *非理想個体

10万ボルト/めざめるパワー氷/挑発/電磁波

対面構築ミラーやバトン展開、その他害悪などに初手で投げる最速ゴツメ挑発ボルト。HSオボンボルトはガルーラの猫騙グロウパンチが辛く、HBボルトはボルトミラーが厳しいので両方にある程度対応できるこの型に辿り着いた。ガルーラ軸に対しゲンガーを選出しにくいときはこのポケモンを初手で出すことが多く、ガルーラを削りつつ麻痺を入れることにより後続で処理しやすくしていた。

 

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病

159(188)-x-115(116)-191(4)-116(4)-193(196)

祟り目/ヘドロ爆弾/鬼火/道連れ

メガ前の状態でメガヘラのロクブラをほぼ耐え、メガ後はバシャーモのフレドラを乱数上二つ切って耐えるBに厚い鬼火祟り目ゲンガー。主にガルーラで戦えないメガ枠(ライボルトヤミラミルカリオミミロップ)やブルンゲルを見たら選出していた。今回はガルーラやハッサムナットレイ、格闘メガを安全に処理するため催眠術ではなく鬼火を採用。これによりグロパンガルーラや瞑想スイクンの起点も作りやすくなる。催眠を切ったことで初手に出てくるローブシンが重くなるが、ガブリアス後出しから削って後続の処理圏内に入れたり、このゲンガーで道連れして1:1交換したりすることで何とかなっていた。また、ガルクレセ系の構築に対してガルーラと同時に選出することも多かった。

 

キノガッサ@気合の襷 意地っ張り

135-200(252)-101(4)-x-80-122(252)

タネマシンガン/マッハパンチ/剣の舞/キノコの胞子

強力な催眠技を持ち、崩し役としてもストッパーとしても使いやすい襷剣舞キノガッサ。このポケモンの良いところは見せ合い画面にいるだけで相手に大きく圧力をかけられることであり、選出や型をある程度絞れるため試合展開を予想しやすくなる。特にナットレイモロバレルは必ず出てきてくれるので、ガルーラスイクンで誘い殺しするかゲンガーでキャッチすれば楽に勝つことが出来た。全体的に重い水タイプ(水ロトムゲッコウガ、太鼓マリルリ、ヌオー)を牽制できることや面倒な構築(オニゴーリ、レパルガッサ、受けループ)に強いことも長所。

 

スイクン@カゴの実 図太い

207(252)-x-156(52)-134(196)-136(4)-106(4) *非理想個体

熱湯/冷凍ビーム/瞑想/眠る

最低限のBを確保しCに大きく割いたスイクン。ここまで振れば184-100ボルトロスをC+2冷凍ビームで最低乱数以外落とすことができ、最近増えているHBモロバレルもC+1冷凍ビームとC±0(クリアスモッグ)冷凍ビームで確実に倒せる。交代際に瞑想を積んでいれば本来不利な特殊アタッカー相手でも撃ち勝てることが多いため、今シーズンはこのポケモンを選出したら積極的に瞑想を積んでいた。瞑想スイクンを使う上で何よりも怖いのは急所なので、処理速度が上がり相手からの被弾回数を減らせるC振りスイクンは使いやすかった。もちろん熱湯の追加効果も非常に強力で、瞑想と合わせて物理特殊両方に対応出来る。ガルクレセやカバガル、受けループをはじめとして様々な構築に出していけるので選出率は高め。特にメガ枠で相手の駒を減らしてから瞑想で詰めにいく動きが強かった。

 

【今期の反省】

キノガッサについて

ポケモンを切りゲンガーに弱いキノガッサを入れてしまったため、鬼火ゲンガーが非常に重くなってしまった。ガルーラのサブウェポンを噛み砕くに変えればゲンガーとは1:1交換が狙えるが、炎のパンチを切ると今度はキノガッサの苦手な草や鋼タイプのポケモンが重くなってしまう。

 

・ゴツメボルトについて

今シーズンは対面構築ミラーで臆病ボルトや襷ガブを出されることがほとんど無かったためS補正が完全に無駄だった。また、初手でガルーラと対面しても猫騙しでゴツメがバレた後スカガブや毒ボルトに引かれることが多く安定しなかった。(図太いHBで使う方が絶対強い)

 

・スカガブについて

今期のガブは皆スカーフ持ちだったためミラーで先に逆鱗を撃たれて負けという展開が非常に多かった。ここまで来ると陽気スカガブを採用した方が良いのかもしれない。

 

 

 

最高レートは2181でした

このあと溶けました

 

f:id:spindelbaum:20160719013350j:plain